« April 2012 | Main | June 2012 »

2012.05.27

私にとって書くことって?

更新頻度が下がっているうえに、思うことばかりを書いて申し訳ないけれど、自分の気持ちを確認するために。

文章を書くということについて、最近よく考えることがある。
私は、元々ライターではなく作詞家志望で、無事30歳で作詞家としてメジャーデビューをした。その後、書くことの幅を広げたいと思って、ライターのスクールに通った。それが、たまに話題にでる渋谷にある「編集の学校」。
http://www.editorschool.jp/

なぜ、学校に行ったかというと、歌詞とライティングはまったく違うものだから。書く内容もテクニック的なことも。そんなわけで、作詞家デビューをした数年後、ライタースクールに通う。そこで覚えたのは、事実を読み手に分かりやすく伝えること。編集者とライターの違い。ライターとコラムニスト、エッセイストの違いなど。ライターは、あくまで情報の媒介者であって、自分の意見を文章にいれることはない。ライターが著名の場合は、そうではないけれど。

だから、自分の思いを書きたい人はライターになるべきではない。著者といわれる、自分の名前で書くことができる場(書くことを要求される場)に向かうべき。ただ、これは、無名の人にはハードルが高い。

そんな風に、作詞家でありライターであるという伊藤緑ができあがった。ライターと作詞家をどちらもプロとしてやっている人は少ないと思う。作詞家でありエッセイストという方は多いけれど。

ライタースクールに通った後に、自分の思いをまったく表にださないライティングを、宣伝会議社のPRIR(現:広報会議)で3年半行い、それと並行して、はなまるマーケットのおめざ本の編集的な仕事を行ったり、企業の社員の方のインタビューやWebサイトの文章。メルマガの文章(取材と撮影も)やメルマガに掲載する名前を出さないコラムを書いたりした。

ライター業務を始めて、最初に起こったことは、歌詞が面白くないと言われるようになったこと。ライターに要求されるのは文章は分かりやすさ。主語と述語が明確であること。形容詞をどこにおくか? しかし、歌詞でそれをやると作文になる。よって、一時期、歌詞を書くことから離れることになる。

ただ、私が東京に来たのは作詞家になるためだし、作詞を辞めたら東京にいる意味はないということが分かっていたので、自分のなかでバランスを考えるようになる。まぁ、その頃には、ライティングの仕事にも慣れてきて、コントロールができるようにもなっていた。しかし、ここで思ったのは、自分のメインは歌詞を書くことであること。そのうえでライターの仕事もしているということ(という割には、歌詞での収入は少ないけれど……)。でも、そこにも良いことはあって、作詞家だけを行っているより、聴き手に近い思いを持てること。これは、今もなんでも屋的に仕事をしている自分の特権だと思っている。また、そういう友人も多いこと。これは、私の宝物。それに、ライターとして取材することで、これまで知らなかった専門的な話を聞くこともできる。それは、ライターの魅力。例えば、本を作ることに関われば、いつのまにかその本のテーマについてある程度語れるようになる、っという具合に。それは、形を変えて、歌詞にも生きてくる。

そして、今は自分の名前を出さない媒介者としてもライティングを行いつつも、名前を出して記事を寄稿するという形で記事を書いている。これは主に音楽について。ライブに行き、勝手にレビューにしたことから始まったこと。今では、ライブに行ったら必ずレビューを書く。それを行うことによって、ライブを観ること、書くことへの責任が生まれる。また、アーティストについて、曲について直に向き合う時間を持つことになる。ライブレビュー書くときは、何が彼らを伝えたいのかを考える。書くときのテーマを探しながら聴く。ライブを手放しで楽しむことはなくなった。だけど、それが私には心地良い。プロの音に、多いときは週に2本ほど触れられるのは、それも財産。

そして、ライブへの接し方はかなり能動的。音楽は、受けとるものと思う方もいらっしゃると思うけれど、私はつかみに行くものだと思っている。だから、日常的に音楽を聴くことはない。通勤で音楽を聴いていたのは、20代のOL時代(音楽にプロとして関わっていないころ)だけ。今は、スマフォに楽曲は一曲も入っていないし、部屋でも音楽を流すことはない。おそらくBGMにできないから。

文章に正解はない。意見にも正解はない。だから、とても怖いけれど、書くことを苦だとは思わないし、時間がかかることがないのは、おそらくそれをやるように言われているからなんだろうと思う。歌詞にも時間はかけない。瞬時で出るかでないか? そんな書き方。だから、よく職業作家っぽくないと怒られる。でもそれは、私にとって褒め言葉。ニーズに応えるだけの職業作家ではなく、アーティストっぽい曲でコンペを勝ち抜きたい。もちろん、キメウチで頼まれれば嬉しいことだけど。書くことで無駄に迎合はしたくないから。

なんて偉そうなことを書きつつ、たいした文章を書いているわけでもないし、自分の名前で本を出したことがあるわけでもない。ただ、書き続けることは辞められない。仕事となった今も、メルマガを書いているのは象徴的なことかも。Blogもですね。

ライターのなかには、お金にならない文字は一文字も書きたくないという方もいらっしゃるから。それはそれで、筋が通っている思うけど、私はその道を選ばない。

なぜなら、人は発し続けないと、発する方法を忘れてしまうから。また、書き続けないと文章は確実に下手(わかりにくく)なるから。そして、何より書くことで思いが明確になるから。ということで、書き続けいるんだな~と思う。最近、ライターになりたいという人に、Blogを書いていますか? を聞くと「書いていない」と答える人が多い。これは本当に不思議。

今日は、書くことについて、今日現在の思いをまとめたかったので書いてみました。お読みいただいた方、こんなネタで失礼しました。次回は、「京都の旅3」を書きたいと思います。

こんなところに寄稿などしています。
●音楽関係
BARKS
http://www.barks.jp/artist/?id=1000001935&m=news

メルマガ
はやり歌なら、これ聞いてみ!
http://www.mag2.com/m/0000121662.html
Blog
http://blog.goo.ne.jp/mido_1225

●神社&スピリチュアル関係
マイスピ
http://www.myspiritual.jp/author/21/index.php

●その他
オンエアナビ
http://www.oanavi.com/column/tanoshimi/

さて、金曜日に観たソノダバンドのライブレビューを書こう。そして、風水ネイルのこと、今日の午後行く神社ことも。そして、今テレビでやっていた話題も。全部、文章にする。それが、私の書くことの一部(そう一部だけでした~)。

2012.05.22

ただ、粛々と(徒然なるまま)

たまには、思うことBlogに記しておこうと思う。京都ネタも止まっているし、お知らせしたいこともあるのだけど。

ずいぶん前から直感というものとうまく付き合いながら生きている。いや、うまくはつきあえていないな~。ちゃんと感じながら生きているくらいかな。

感じても無視して痛い目にあったことも何度か。悩んで信頼おける方に相談したことも何度か。

そして、やはり直感は信じようということになった。

そうすると、行動に変化が出る。怖いくらいに敏感になったり、見えたりする(いや、見えないものが見えるとかじゃなくて)、感じるってことかな。

そんなわけで、どんなことを誰と一緒にしていきたいかは、自ずと分かるし決まる。それが不思議。

神社巡りをするようになって、10年くらいかな。最初は、ミーハーな気持ちもあったけれど、今はただ手を合わせて、平和を伝えるだけ。
神様はちゃんと知っているんですよね。私の業(業は仏教用語ですが)なんて、お見通し。そんな風に生きていたら、日常で起こることが、すべてなるべくして起こっていると思えるようになった。その人の持っているものに合わせて、与えられているというか。だから、残念とかあまり思わない。

今じゃなくても、いつか時期がくればなるんんだろう、とか。かと行って、ただ待っているなんてことはしない。だって、前へ進もうとしている人にしかチャンスは与えられないから。それも分かったこと。

昨日は、新月。こんなことを思って過ごしていた。

ライフスタイルが、少し変わりました。それも、心と身体の声を聞いて決めたこと。それは、きっとなるべくしてなったこと。

2012.05.21

第3回広報ウーマンネット 写真部 報告

すっかり報告が遅くなってしまいましたが、5月12日に東銀座において第3回広報ウーマンネット 写真部の部活を開催しました♪

今回のテーマは、「商品写真」。自社商品を持ってきていただき、それを出来る限り綺麗に取るための方法を知り、やってみるという部活です。

例えば、新商品ができあがってきたら、BlogやSNSで伝える時代です。そんなとき写真は必須。しかし、カメラマンの手配をして……、と行っていたらタイミングを逃してしまいます。また、コストもかかります。

商品パンフレットやネット販売の写真は、やはりプロに任せた方が良いのですが、そうでない場合、できるだけ担当者が撮影した方がいいと思うのです。

それに、ちょっと素人っぽい方が味があったりするかもしれません。

ただ、それでも商品に自分やカメラが写り込んでしまったり、蛍光灯の光が反射したり、なんてことは避けたいもの。そういった初歩的なことから脱出するための方法を学びます。

部活はこんな感じです。前半は座学。カメラの基本を学びます。参加回数によって、進み方が違うので、初回の方には基礎講座をご案内しています。

おっと、ここでご報告。今回の部活は、TBSの「Nスタ」から取材依頼が入りました。
これは、広報ウーマンからの紹介です。
女子会、女子限定をテーマに取材したいということで、水曜日に依頼を受け、参加者に連絡、新たに参加者を募り、12日を迎えました。
放送日は、14日でした。無事、放送されて安心です。
http://www.tbs.co.jp/n-st/

と話が逸れましたが、座学のあとは実践です。こちらを重視しています。
ただ、講師に質問が殺到してしまうことがあるおですが、ここは部活。
講師から学んだ人は次の人に伝える、そうやってコミュニケーションしていくのが部活の良いところです。
ライトを左右と上から当てて、商品を美しく撮ります。撮影には脚立を使う場合も! かなり本気です。

講師の方が用意してくれた蛍光灯で、真っ暗なシーンが、あらら~、超美しく写ります!

参加者の方のBlogに使用前と使用後を掲載していただいていたので、リンクさせていただきます~。
http://hiromikashino.blogspot.jp/2012/05/blog-post.html
この技、覚えたくないですか???

取材は、必要な部分だけ撮ったら終わりかなと思っていたのですが、部活が終わり、参加者がスタジオや教室で話し続けているシーンまで押さえてくださいました。

私も一応、インタビューされましたが、めでたく放送されず。広報ウーマンネットのイメージを保てたかも。この日は、自分のことを構うことなく動いていたので。

部活が終わり、撮影が終わり。講師の杉浦さんに露出について質問。

露出失敗

露出成功

同じものでも取り方を知っているかどうかで、大きく変わることを実感しました。
ちなみにこのライトは、お借りしたオフィスで使っているものです。
気になる方は、こちらをチェック! いろんな色があって、美しいです。http://kafti.soyokazeya.com/

商品撮影には、こういうものを購入すると良いかも!
我が家も一台欲しいです。 5,870円って嘘みたい! あっ、セール中だ。ねらい目かも。
写真撮影テントブース 6点セット ライト付き!(撮影キット 撮影ブース 撮影ボックス 写真スタジオ)

2012.05.08

京都の旅 その2 今宮神社 建勲神社

今日は、今宮神社さんのお話から。

大田神社から何キロあったんだろう? けっこう走りました。
紙の地図を入手できずにいたので、スマフォのナビにお世話になりました。徒歩検索して、次に曲がる角を覚えて自転車で走る。ここかな? と思ったら止まってチェックする。足らなければ再度走る。行き過ぎたら戻る。なんてことをやっていました。

でも、角に目印がないときは、通りがかりの方に聞いたりもしました。

ということで、今宮神社到着! この時点で、相当熱い! いや暑い! シャツの上に、カーディガンとスプリングコートを着ていた私。季節間違えていたよう。カーディガンとスプリングコートは、自転車のかごに入れっぱなしで移動していました。

と、前置きが長くなりましたが、今宮神社です。横断歩道を渡って、きちんと撮りたい派です。



鳥居では、深く礼をします。そして、参拝です。参拝の際は、ちゃんと住所、名前を名乗ります。







阿呆賢さん、別名、重軽石がありました。





大きなスタンプも!





そして、和歌おみくじ。大吉でした~!





神占の文字に惹かれて購入したお守り。「きみなら、できる」。





そして、一番の目的! 玉の輿お守り。
色がいろいろあって、迷ったけれど、やはり柔らかいこの色で。





参拝のあとは、あぶり餅を。
今宮神社に来たら、寄らないわけにはいきませんね。お店は2軒あります。直感で、「かざりや」へ。ここまで自転車で移動してきた疲れを癒すひととき。一人前500円です。







そして、次は平野神社へ! と思ってナビを設定してスタート。

そうしたら、今宮神社の参道を真っ直ぐ走っていたら、建勲神社が目の前に! 行きたいと思っていたけれど、遠いかなと思っていたら出逢いました。ということで、これはご縁ということで、参拝を。

しかーーし、建勲神社は船岡山の中腹にありました。それを知らずに自転車を走らせていたら、走らせることができないほどの坂に。





途中から、自転車を押して歩きました。
そして、到着。 織田信長が祀られている神社です。とても静か。緑が鮮やかで美しい場所です。







穢れを払って、参拝です。






景色も綺麗です。



ということで、今日はここまで。
そして、ひとつ訂正。昨日、5社と書きましたが、6社に行っておりました。次も2社を紹介します。

2012.05.07

京都の旅 その1 上賀茂神社 大田神社

20日振りのBlogの更新になってしまいました。

短くても毎日更新したいと思いつつ、どうやらそれができないタイプのようです。

ということで、まぁ、それもありかと。

今日は、ゴールデンウィークに出掛けた京都のお話を。
京都には、ライブ鑑賞&レビュー執筆とアーティストインタビューという仕事のために行ったのですが、昼間は自由ということで、京都の神社さんをまわりました。

今日は一日目に出掛けた神社さんをご紹介。

まわった神社さんは以下の通りです。
上賀茂神社→大田神社→今宮神社→平野神社→北野天満宮

一日に5社!? と思われる方もいるかと思いますし、一日にそんなに行っても良いの? と思われるかもしれません。そういうこともあるかもしれませんが、実際、行くことができたので、きっと神様はOKと言ってくださったのだと思います。

5社の移動は自転車です。そこがポイントでした。
最初に訪問したのは、上賀茂神社さんです。以前、下鴨神社さんには行っているので、今回はぜひ! と思っていました。賀茂川沿いを自転車で移動。天気が良くて川も綺麗でした。

上賀茂神社さんでは、龍の神様である新宮神社さんが7月22日まで門を開いてくださっていました。ですので、参拝。そして、参拝した日が8の付く日だったので、8の付く日だけに授与される鈴を授与していただきました。

ハート型の可愛いお守りも授与していただきました。色は、ピンクと紫とグリーンです。私はグリーンを。

神社前では、神馬堂で「やきもち」をひとつだけ買って食べました。美味しかった~。このお店を京都の友人から勧められました。

そして、上賀茂神社さんでいただいた地図を見て、境外摂社である大田神社さんが近いことを知り、足を伸ばすことに。自転車であれば5分くらいです。

大田神社さんは、かきつばたで有名な神社さん。まだ、開花していなかったのですが、5月はかきつばたの季節、今頃、かなり綺麗に咲いていると思います。

そして、神社前にある「虹いろの店」は、染織家、本郷大田子さんの奥様のお店。5月末まで開いているので、染め物に興味のある方はぜひ! 半襟なども置いてありました。
私は、にほい袋を購入!

このお店は、宮司さんの元ご自宅なので、平屋です。そんなところも素敵です。 その近くにも、におい袋のお店「いせき」が。

と、2社を書いたところで、すでにこの量。徐々に書いていきますね。
写真満載で書いて行きたいと思います。

« April 2012 | Main | June 2012 »

My Photo
April 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Categories

  • 広報ウーマン
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 東日本震災関連メッセージ
  • 神社

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ